しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

任天堂の品格

任天堂が絶好調だ。

この会社は、昭和40年代後半には花札(クラブニンテンドーの景品に名残がある)や
マジックトランプ(インチキくさいサングラスをかけてトランプ数字をあてるという、お楽しみ会で
使用すると馬鹿にされる手品)なんぞを作っていた。

我が世の春である。

任天堂 社会貢献 googleで検索

情けない会社である。

私の考える最大の社会貢献は、
シアトルマリナーズのオーナーとして、
日本の至宝、イチローを”囲って”いること位。

ゲーム機がない、ソフトがない、品薄だ、みんなが欲しがる、売れる。
これは、”ないない詐欺”です。

おごる平家は久しからず


 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
 おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし
 たけき者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ
 遠く異朝をとぶらへば
 秦の趙高(てうかう) 漢の王莽(わうまう) 梁の朱イ 唐の禄山
 これらは皆旧主先皇の政(まつりごと)にもしたがはず
 楽しみをきはめ 諌(いさ)めをも思ひ入れず
 天下の乱れん事を悟らずして 民間の愁(うれ)ふるところを知らざつしかば
 久しからずして 亡じにし者どもなり
 近く本朝をうかがふに 承平の将門 天慶の純友 康和の義親 平治の信頼
 おごれる心もたけき事も 皆とりどりにこそありしかども
 まぢかくは六波羅の入道 前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま
 伝へ承るこそ心もことばも及ばれね

 ぎおんしょうじゃのおてらのかねのおとって
 いつもちがうおとにきこえる
 さらそうじゅのはなは ひとがしんでしまうように
 しろいいろにかわる
 えらいひとも ずーっとはえらくない
 まるではるのよるにみるゆめみたいに
 あっというまのできごとだ
 つよいひとも いつかはまけてしまう
 かぜでちりがとばされるみたいに あっけなく

ご用心なされ、ご用心なされ(一休和尚)
スポンサーサイト

テーマ:Wii(ウィー)総合 - ジャンル:ゲーム

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。