しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

愛と青春の宝塚③Wタッチー(彩輝なお さん、貴城けい さん)

準主役と言うべきこの役、2組目のカップルをなす重要な役です。

最初に観たタッチー、彩輝なおさん。
正直ポスターからの印象と、舞台からのインパクトは全く違いました。
湖月さんにも負けないくらい、しっかりしたタッチーでした。
心の強さを感じる演技で、男っぽいタッチーだなと感じました。
男役姿にも余裕があり、大変安定して安心してみていられました。
最後の湖月さんとの絡みも、全くひけをとりません。
湖月さん、彩輝さんコンビは王道的な味わいを感じることが出来ます。

高城さんのタッチーは、女性であることが全面的に出ています。
女性ならではの優しさや脆さ、弱さを感じるタッチーです。
それだけに気が張った場面では、その苦しみが痛いほど伝わり
ただでさえ緩くなった涙腺を、さらに弛めます。
男役シーンでも、一人だけ異なったオーラを放っているのは
女性らしさが最も強いからだと感じました。

テレビドラマでは、タッチーは長生きするんですよね。
幸せな人生を歩んだのだろうか、心配です。
護ってあげたいキャラが、タッチーですね。









スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

タカラヅカ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛と青春の宝塚 番外編 | HOME | 愛と青春の宝塚②Wリュータン(紫吹淳さん、湖月わたるさん)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。