しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

WBC 最高の結果

WBCの東京ラウンドは、最高の形で終わった。

日本と韓国がネクストステージに進むのは周知の事実だが、
昨日、日本は勝たなくて本当に良かったと思う。

韓国との最初の試合、日本はこれ以上ないくらい圧勝した。
日本の意気は上がり、韓国は国中が消沈した。
韓国との二試合目、最強打線の日本を韓国が完封した。
力(強く速い球)と力(早くて強い振り)の勝負では、
日本は多少分が悪い事を証明してしまった。

原監督が、アウトカウントを増やしてでも二塁にランナーを
進めようとしたのは、力勝負負けの焦りなのでしょうかね?

ストッパーのイム投手は、レギュラーシーズンでも
絶対のストッパーですから、あの結果は当然といえば当然。

大勝を引きずって、力勝負が出来ると誤解した結果
力勝負に負けちゃったんですね。

これで、目覚めたのではないでしょうか?
自分たちの野球を再認識して、日本の”野球”で戦いましょう。

それにしても韓国の選手、でかくて、スピードがあって、力強い。
なかなか強いチームでした。

お互いがメンツを保てて、めでたしめでたし。
スポンサーサイト

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<WBC=世界規模のオープン戦 | HOME | ベスト4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。