しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

野球場の広さについて

本拠地の形態に合わせた選手構成を行うのも戦略では?

実感で狭いなぁ?と思っていたのは、
後楽園(ポール際のフェンスは高かったですが)
川崎(狭い上に左中間、右中間のふくらみが皆無)
昔の神宮(ここは狭い上に、外野に30cmくらい傾斜していました)
などがあります。

古くは
ヤンキースタジアム(ライトが狭い、地下鉄が通っている)、
フェンウェイパーク(レフトが狭いのでグリーンモンスターという高いフェンス、
ライトのフェンスは場所により腰の高さより低い)、
ポログラウンズ(センター146m、レフトは70m台という超変形球場)
など個性的なのが多かったです。
アメリカ人の考え方は、「相手チームも同じ条件だろ」という感じ。

球場の広さという条件を、受け入れた上でどうしようかと考える。
この辺が国民性でしょうか?

阪神のオーナーの発言は、みっともない感じがします。
本意でないにしても、選手の価値を貶める可能性があります。

(引用記事:日刊スポーツ)
リニューアル甲子園、実は小さかった!

 甲子園球場の第2期リニューアル工事完成見学会が15日に開催され、新球場がお披露目された。メジャーの雰囲気が漂う球場となったが、一方で衝撃事実も判明。広い広いと言われてきた甲子園が、12球団の本拠地の中で、実は“2番目に小さかった”というものだ。

 これまでの公式発表は両翼96メートル、中堅120メートルだった。だがリニューアルを機に厳密測量を行ったところ、両翼95メートル、中堅118メートルだったこと分かった。両翼96メートルはラッキーゾーン撤廃後の92年からだが、中堅120メートルは甲子園が現在の形となった1936年(昭和11)秋からの「伝統」。つまり戦前、プロ野球が始まった年から実に73年もの間、誤っていたことになる。中堅118メートルは1番小さい横浜スタジアムと同じで、両翼は1メートル大きいだけだ。

 だが、新球場を視察した坂井信也オーナー(61=電鉄社長)は即座に反論。その根拠が右、左中間最深部から本塁までの距離118メートルが、12球団本拠で最長というもの。フェアグラウンド面積も今回の訂正で多少縮小され、1万3000平方メートルとなったが依然、12球団最大と強調した。本塁打が出にくいのは「懐の深い球場」であり、かつ浜風の影響もあると指摘。「日本で1番広いこの球場での本塁打はホンマもんの価値がある」と自負した。

 鈴木副球場長は「両翼95メートルと聞けば打者が心理的に有利かも。それにフェンスもドームより低いですから」と話した。【松井清員】
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<WBC準決勝 | HOME | WBCグループ順位決定戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。