しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子供の野球とリスク管理

午後から子供の野球の試合を見に近くのグラウンドに。
D200に望遠ズームぶら下げ、試し撮りをかねて。
欲張らずに引き気味で確実に撮影して、トリミングで調整する予定。
300枚は撮ってしまった。整理が大変だなぁ、撮影が雑になりそうで怖い。
たまにはF2にリバーサル詰めて、一本勝負をせねば。

下の子は、上級生のチーム(A、B分けていたのでどちらも9名)の
補充要因、まさかのときの保険でお手伝い。

試合は準決勝だったのだけど、負けました。3対7でした。

守備のミスをカバーしようとして、余計なところに投げて傷口を広げる。
3点はそのような失点でした。
バックホームをあせって、打者走者を2塁に進塁させる。
スクイズ外して、深追いして暴投。2塁のランナーまで帰塁。

傷口は広げない、余分なところには投げない。
勝つためにはクリアな頭が必要です。
技術が同じなら、賢いほうが勝つ。これ仕事と一緒。

話は変わって、今進めている某宿泊施設のプロジェクト。
建設コストの高騰で、基本合意書通りの建設コストでは
どこのゼネコンもやらない。

元々電気設備業者が始めたホテル事業で、
ゼネコン憎し、という方針でやっているグループ。
基本合意書にはこう記載されている。
基本合意書の利回り根拠になる建設コストは、○○インが
東証一部上場企業のゼネコンから徴収した見積もりであり、
ゼネコンが見つからない場合は、○○インがその金額で請負う。

つまり、建設コストが合わなければ、○○インは建設コストを
保証しなければいけない。また、この基本合意書は、設計費用と
企画料で約30,000千円の金額を土地オーナーから取っているので、
契約破棄の場合は、倍返しになる。

自社で建設コストを保証すると、約100,000千円の損。
基本合意書を破棄すれば、約30,000千円の損。
こんな物件が10件近くあるらしい。

ゼネコンとの関係は、生かさず殺さず。共存共栄しなければいけない。
すべての建設会社を敵にしたことが、この会社の敗因。
拡大路線は、出店ペースが止まればジリ貧。
○○インの本体は高収益だけども、関連会社はすべて赤字。
騙されてはいけない。N田は根っからのロクデナシなんだから!

中国食品問題で、注目を浴びているWタミも一緒。
君のところの食品加工場で見たこと、ここでははっきり書けないけど
あんたのところも一緒じゃないかよ!
外国人労働者ばかりが働き、ハングルと漢字だけの箱が山積み。
ここは日本か?と思ったよ。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最近のマイブーム | HOME | 忙しい土曜日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。