しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

教えるということ

休みだったので、時間差で二人の子供を相手に実験をしてみた。
少々の予測を入れた実験で、子供の性格を知った上で行った。

やったことは、ソフトボールのバッティング練習。

まず下の子。小学校4年、頭の中は空っぽで本能型。
新庄の子供版だ。
第一に、あーじゃないこーじゃないと理論で詰めるように教える。
動きが堅くなり、ノビノビした感じがない。
結果的にこぢんまりした感じになった。
その後、大きく振るように、ノビノビ振るようにおだてて
気分良くして打たせる。本来の快活さが戻った。

次に上の子、小学校5年。理屈型。消極的。
まず同じように理詰めで、だめ出ししながら指導。
やはり、小さくなる。
その後、下の子とは異なり何でこうすることが良いのか?
何故こうすれば上手にいくのか?ということを
丹念に納得するまで教える。
理解できなければ理解できるところまで戻り、
何回でも積み上げ直す。
小一時間で驚くほど変わり、自分も驚いたが
子供は自分の変化にもっとビックリしていた。

直感型はおだてる。時々締める。
理屈型は、我慢してじっくり教える。怒らない。

一つの方法は万能ではない。
対象を見て、最もふさわしい方法を選択する。
”○○法”と呼ばれる画一的なインストラクションが、
決して万能ではないことを簡単な実験で再確認した。

理詰めでボウリングを教えてくれる、プロのインストラクターは
どこかにいないのかな?

ブルペンキャッチャーやってくれる野球のインストラクターは
どこかにいないのかな?

なんでインストラクターと同義語で指導者という言葉が
使われるのだろうか?コーチとは導き人だよね。

だいたいプロのボウリングインストラクターって
どこにいるんだい?見たことないよ。

ラウンドワンもプロを募集しているけど、
インストラクターとしては見たことない。
つなぎ着て歩いているのを見ると、メカニック兼務で雇っているのね。
求人広告見たら、時給1600円なんだって。

どこかに胸を張ってボウリングインストラクターと名のれる方が
いらっしゃるなら、コメント下さい。お待ちしております。
すみのオッサンはボウリングインストラクターですよね!
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

お休み | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<建築基準法改悪の張本人(のダミー) | HOME | すみのオッサン、あっりがとさ~ん!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。