しらとし日記

日々の生活を覚え書きのように綴ります。自分のために書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こんなオッサンもいる

こんなオッサンがいる。
・その昔、このオッサンのHPはボウリングマガジンに掲載された!?
・このオッサンは、2回もHPを始めて、今はほったらかしにしている。

----(以下このオッサンのHPの残骸)----

ようこそフレッドのボウリングホームページへ!ボウリングを楽しんでいますか?

ジャパンカップ凄かったですね!ロバート・スミスはタイガー・ウッズだねあれは。
まるで次元の違うボウリングだった。来年からJPBAの枠は無しだね、きっと。
(2002年9月17日)

フレッドの日常

2002年9月17日(火)
  ジャパンカップはロバート・スミスが優勝しました。ロバートは溢れるパワーでジャパンカップをもぎ取った。ロバートがスペアを狙う姿は、ライフルでシュートするように見える程でした。私たちが10ポンドくらいのボールを使う感覚しか無いのでは?と思えるほどでした。

ロバート・スミスの真似をするために、リアクティブの10ポンドのボールをskormorにオーダーしました。何も無ければ10月末にはドリルされたボールが届くでしょう。ハイバックスイングからのリリースで似非ロバート・スミスの姿が見られる日も近い?新横浜プリンスホテルが危ない?

2002年9月6日(金)
ジャパンカップの真っ最中です。クリス・バーンズが2ラウンドまでトップ。JPBAでは酒井プロがどこまで食い込めるかですね。
会場の東京ポートボウルは関係者(嫌いな言葉ナンバーワン)の中では最高のメンテナンスという高評価を得ているものの、見るほうにとっては最悪の会場です(でした、最近行っていないので)。開場2時間前に行って蒸し風呂のような階段で待たされ、レーンのあるフロアーまで階段で上がり、場内はすし詰めで移動もままならない。場内には関係者があふれ、5000円(又は通しの10000円)を払ったファンはゴミ扱い。テラスには関係者が鈴なり。最高のプレーを見て、最悪の気分に浸った思い出があります。
  新装なった新横浜プリンスホテルには常設のスタンドがあり、少なくとも東京ポートボウルよりは見る者に快適な環境ではないでしょうか?プロボウリングを見に行きたくても、見せる環境が整っていない現状では如何なものか?かつてのブランズウィックスポルトでの仮設スタンドなど、やれば出来るのだろうけれど。

 今日の一言「ボウリング観戦はプロレスに学べ!」

2002年8月19日(月)
  更新を全くしないまま1ヶ月近く過ぎようとしてます。今日ある方からのメールで気付きました。最近ちょっとした悩みがありまして、更新に力が入りません。

 今日の一言「元気があれば何でも出来る?」

2002年7月28日(日)
 10日も更新をサボってしまいました。まあいいか、誰も見てないみたいだし。土曜にドウボウル、今日戸塚へ行ってきました。独身?だと行ける行ける。この2日の結論は、曲げるより真っ直ぐが良い!という結論。コントロールに難がある自分の場合は、直球のほうが良いみたい。最後8連続のストライクで237を打ったときに実感しました。あとは今のトレーニングを続けて、直球でアベレージ200を打つこと。

 今日の一言「直球で打つのも技術」

2002年7月18日(木)
子供の幼稚園が夏休みに入って、恒例の母子帰省の時期がやってくる。今年は7月25日から3週間、独身である。何して遊ぼうかな?とりあえず日曜日はボウリングだな。

 今日の一言 「3週間の独身が心のオアシス?」

2002年7月17日(水)
 いつもは電車通勤なのですが、今日は自家用車通勤をしてしまった。帰り道地道にての帰宅。通勤時(高速使用)40分、帰宅時(地道)2時間かかった。全身の筋肉はこわばり、腰や背中が痛い。
  日曜日に購入したサワガニが逃げたらしい。別の部屋にいるのを下の子が目撃したそうだ。カニはすぐ逃げる。しかしその結末は部屋の片隅で干からびた姿だ。
申し訳ないことをした。

 今日の一言 「自由への逃亡は死と隣り合わせ」

2002年7月16日(火)
台風は30分くらい激しい雨を降らせて去っていきました。事務所の床にごろ寝して体は痛いし、少し喉が痛い。
 昨晩は寝入り端にイメージボウリングを6G行った。もちろんこれは全てジャストポケットのパーフェクトをイメージする。ゴルフの「54ビジョン」ならぬ「1800ビジョン」である。当然現実の世界でのパーフェクトはありません。

 今日の一言 「夢の中ではいつもパーフェクトゲーム」


2002年7月15日(月)
台風が来てます。週明けなのに泊り込みです。風ひかなきゃいいんだけど。

 今日の一言 「台風のたびに泊まりこみ」

2002年7月14日(日)
いい日曜日でした。近所で捕まえたサワガニが卵を抱いていたので、オスを一匹入れてあげました。肩はイマイチまだです。

 今日の一言 「サワガニは一匹280円」

2002年7月13日(土)
昨日の夜、肩のストレッチをしているときかなり気持ちいいので調子に乗っていたら、右肩がピリッときてしまった。今日の練習は中止です。悲しい。

 今日の一言 「ストレッチは慎重にしよう」

2002年7月12日(金)
今日は早めに帰って、エアロバイクをみっちり、明日の練習日に備えます。ビッグかムサシに行きたいのだが...。

 今日の一言 「明日は曲がりにこだわってみる」

2002年7月11日(木)
台風が来るので、現場に泊まりました。しんどい。

 今日の一言 「徹夜できる体力に感謝しよう」

2002年7月10日(水)
台風が来る。台風と聞いてUFOボールを思い出すボウリング好きでした。皆様ご用心ください。

 今日の一言 「台風と青春はあっという間に過ぎてゆく」

2002年7月9日(火)
帰宅途中に予定外の立ち寄り先が出来て、夜の新橋、虎の門界隈を1時間も歩いてしまった。台風が近いので、湿気ムシムシ汗だくです。それでも帰る途中の階段はランジの絶好の場所。電車の中ではイメージトレーニングと投げてないのにボウリング三昧です。

 今日の一言 「貧乏で忙しいときが一番楽しい」

2002年7月8日(月)
週末に練習するためのセンターを探していたら、2箇所ほど候補が上がった。
ムサシボウルとビッグボウルだ。HPを見る限り、自分好みのセンターだと感じた。
いずれレポートしたいと思います。
休み明けにもかかわらず、体調はすこぶる良い。嫁さんまで最近運動し始めた。お互いいつまで続くか怪しいが、良いことには違いない。

 今日の一言 「楽しい週末のために働こう」

2002年7月7日(日)
寝起きの体を目覚めさせるため、起きぬけに40分エアロバイクをしながら新聞、昨日のプロレスのビデオを見る。汗びっしょりでローテーターカフの調整。水風呂浴びて、気分スッキリ!いい天気の日曜の朝、気分は最高です。
  久しぶりに家族皆で上野の国立科学博物館へ出かける。上の子に「交通博物館とボウリングと科学博物館、どれがいい?」と聞いて決まった。家族公認で練習するチャンスを失ってしまった。結構楽しかったけどね。
  帰ってきてまた40分エアロバイク。皆で風呂にはいって、日曜日一丁上がりです。家族が最高、一番楽しい。

 ボウリングの練習、今は廊下のフローリングの上でのシャドーボウリングと通勤時のイメージトレーニング(ブライアンボスが小刻みなステップから柔らかく投げてジャストポケットストライク、微笑を浮かべながら戻ってくるという具体的なイメージ。気温、湿気、臭い、音まで想像したパーフェクトゲーム)。今週末には一度投げに行けるかな?毎日投げてた頃より飢えてる分だけモチベーションが上がっています。

  ゴールデンボウルの最終回、良かったなー。近所のデパートの屋上でロケしてたみたいで、見慣れた観覧車がでてましたね(都筑阪急)。

 今日の一言 「イメージの中の自分はブライアン」

2002年7月6日(土)
「ペリエなら、横浜の○○に安く売ってますよ」メールを頂いた。ありがたいものです。車で乗り付けて、箱で買うことにしましょう。
  今日あたり練習したいのですが、財布と相談してトレーニングをします。今までのボウリング暦が無になるほど、今行っているボウリングのためのトレーニングに期待しています。アベレージを10上げるために数年かかる、といわれる技量の向上曲線に挑戦しています。1年でどこまで上がるでしょうか?もし私のようなものが、最小限しか投げずにアベレージを上げることが出来たら、どんなに凄いことでしょう。
  どなたか、ボウリングのために筋力トレーニングを行って効果があった方、アドバイスをメールでいただけませんでしょうか?お待ちしております。私は随時記載していきます。そうそう、「ゴールデンボウル」が最終回です。

  夕方、関東ローカルのテレビ(日テレ)で八景ボウルと北岡プロが出てました。

 今日の一言 「6000cc、V8エンジンの余力を身に付けたい」

2002年7月5日(金)
テレビの影響は凄い。数年前から、アルコールに弱い私はペリエを飲むのが習慣になっていた。しかし、某情報テレビ番組で取り上げられて、行きつけの店の棚からペリエが消えた。しばらくして棚にペリエが戻ってきたとき、販売価格が40円も上がった。なのに皆が手に取る。この先にあるのはボウリングブームと同じ事だ。

 今日の一言 「あ○あ○大辞典よ、俺の楽しみペリエを返せ!」

2002年7月4日(木)
暑いね、今日は。何にもする気が起きないや。でもドロンとした汗がサラサラの汗に変われば、夏は快適に過ごせる。もう少し、もう少し。
   
 先日来、色々な方から「ふざけんな」のメールをもらっています。すこしまとめてから、「ご意見ご要望の部屋」にて書きたいと思います。

 今日の一言 「暑さ寒さも慣れるまで」

・2002年7月3日(水)
筋力トレーニングにストレス解消効果があるとは正直のところ気が付かなかった。毎日帰宅後の30分が楽しみになってきている。普通の日のメニューは次の通りです。

月木曜日 エアロバイク20分、スロートレ(スクワット)、腹筋、ストレッチ、入浴
火金曜日 エアロバイク20分、スロートレ(ベンチプレス)、腹筋、ストレッチ、入浴
水土曜日 エアロバイク20分、スロートレ(デッドリフト)、腹筋、ストレッチ、入浴
日曜日   休養

 体力レベルが低いので、日々向上する実感があります。

 今日の一言 「レベルが低ければ上がり代が大きい」

・2002年7月2日(火)
前述のBBSの2000件もの過去ログを読んで、自分のトレーニングに対する意識が激変した。今では帰宅後20分のエアロバイク、筋トレ、温冷浴、ストレッチが日課になっている。足の累積疲労も大分ましになった。今37歳まだまだ向上の余地はある。ボウリングの競技力向上に役立てたい。他のスポーツにも応用したい。今自分に出来るレベルで皆さんも始めませんか?

 今日の一言 「何事も先達あらまほしきことかな」

・2002年7月1日(月)
プロのアスリートとしての心構えや実際の手法について立花龍司さんがBBSで直接答えていらっしゃいます(立花龍司のオンラインコンディショニング)。野球が中心ですが、スポーツボウラーの方も是非ご一読ください。これくらいやらねばならんのですよ、アスリートは。

 今日の一言 「ボウリングの競技向上の余地はまだある」

・2002年6月30日(日)
サッカー大会をテレビでやっていたが、日中子供と遊んでクタクタの私には起きているのは不可能。子供と共に、9時就寝。

 今日の一言 「ロナウドも6歳児には関係ない」

・2002年6月29日(土)
  仕事の帰りにドゥスポーツプラザで6G投げてきた。インターネットで休憩時間に色々見ながら決めました。1フロア50レーンというのにひかれました。

 夕方の5時半位に到着、建物は大きく、駐車場も広かった。しかしホームページには良いことしか書かないものね、何か嫌な予感を感じながら階段を上がった。
 4階のフロアに上がると目の前にセイウチ、いや貞松プロがやけに大げさなマスクをしながらドリル中、自分のボールだろうか?やはりシードプロは何をしていても格好いい。料金表を見る、1ゲーム630円!。料金は日本有数の高さだ!これには訳があることは後で気づいた。これからこのセンターを語るときのキーワードは「1ゲーム630円」である。ちなみにジュースは全て30円アップ。新横浜PHは定価。

レーンは半分位の入り、何となくドロンと薄暗い照明、きっとレーンメンテナンスが抜群なんだろうな、と思いつつボウラーズベンチへ。
 目の前に飛び込んできたのは汚れた灰皿。吸い殻はないものの、灰がたまった醜い姿。「こりゃだめだー!」と心で叫んでアプローチに立つ。「んーっ!」コンピューターは立派だった。でもこれでは私の評価はこのセンターはCランクだ。

  意外と言っては失礼だが、レーンは程良くオイルがのっていて、しかも大分キャリーダウンしたので、攻略意欲をかきかてる。楽しんでゲームできた。

  この建物にはスポーツクラブが併設されている。プールもある。このプールが曲者なのだ。プールとボウリングの料金に関係があろうかと、皆さんはお考えかもしれない。プールというのは、特に温水プールはお金がかかるのである。民間なら余熱プラントなども使えないので、なおお金がかかる。この施設は、ボウリングを含めて全体で利益を出さねばならない。プールの赤字をほかの施設で分担しているのだと考えると1ゲーム630円の料金設定も納得がいこう。でも、ボウリングをするものとしては納得いかないだろう。

  コンピューターはないが、レーンを含めた場内のレベルが高い戸塚ボウリングセンターなどを見習って頂きたいものだ。戸塚は、同じ時間帯1G450円である。戸塚はレトロというか古いまんまなのだが、掃除も行き届いてなかなか居心地がよい。私には1ゲーム180円の差の価値は最後まで見出せなかった。いい勉強をさせて頂いたが財布に厳しい2時間であった。

・2002年6月28日(金)
今週は本当に疲れました。土曜日には久しぶりに練習に行こうと思います。インターネットで、明日行くセンターを探しています。候補はムサシボウル、西新井ラッキーレーン、東京ポートボウル、DOボウルです。選択方法には全く脈絡がありません。

 今日の一言 「明日の練習、テーマはタイミング」

・2002年6月27日(木)
「巨人の星」と「あしたのジョー」を読んでいる。二つの話に共通するのは、「明日」のために「今日」を生きるという今の日本人が忘れかけている姿です。特に「巨人の星」は根性論の悪玉みたいに嘲笑されることも多いのですが、実際はどうやって人間関係を円滑にするのかという命題にも的確な回答を示しています。これは近年「EQ」と呼ばれる考え方を先取りしています。
日本人は怠惰に、自分勝手になっていきつつあります。今こそ大人たちは声を大にして、かつての日本人の良い点を伝えていかねばならない、と感じました。

 今日の一言 「日本人の素晴らしさを伝えよう」

・2002年6月26日(水)
ボウリングと同じくらい野球が好きです。最近は日曜日の子供との遊びは野球をすることが多いです。近所には野球が出来る芝生のグラウンドがありません。「太陽」、「芝生」、「子供」、野球に必要なものです。

 今日の一言 「芝生で遊ぶ子供が見たい」

・2002年6月25日(火)
ボウリングの普及のためにはこんなあり方もありかな、とは考えていたGBBの大会の優勝賞金が50万円あったそうだ。賞金と賭けの違いは自分のお金を使うか否かだから、彼らは立派なプロボウラーだ。良いとも悪いとも言わないが、坂内プロよ、まだ尻尾振るのですか?  

 今日の一言 「彼らがプロなら自覚させよう」

・2002年6月24日(月)
前の日に↓こんなこと書くから?酒井プロが優勝しちゃった。前回のイーグルの優勝のときはチームブランズウィック北岡プロとの決勝で、涙流していたんだけど、今回はどうだったのでしょうか?横浜ではテレビも無いし、新聞にも出ないです。
 プレイヤーの父酒井プロは本当に大好きです。特に「ストップザ酒井」が叫ばれた最強の数年の強さは凄かった。若干の低迷期があったが、この復活は素晴らしい勝利です。ただそれと下の話は別です。父酒井プロとお話する機会が出来ればいいのですが、無理かなぁ。
  それと高林プロがが優勝しましたが、以前の地元の応援は大変下品だったような記憶があります(相手のミスに拍手とか)。今度は如何だったでしょうか。

あー、トーナメントを見に行きたい!

 今日の一言 「名選手もただの親バカ」

・2002年6月23日(日)
 ボウリングマガジン誌の酒井娘Pのインタビューを読んで泣けてきた。今すぐライセンスを返上して、ボウリングの道から外れるべし、即刻に。この世界、実力無き者コメントするべからず。

 今日の一言 「2世の気楽さ、2世の苦しみ」

・2002年6月22日(土)
  イーグルクラシックが開催中です。このトーナメントはブランズウィック、セルシーと共にプロボウリングにドップリはまれる貴重な大会だ。会場に行く術がないが、会場に行くチャンスがある方は是非とも行ってほしいものです。何かを得ることが出来ます。嫌なものも一杯見るでしょう、ここでは書きませんが、反面教師の言葉もあります。大人ですからどんなことでも良い方向に活用していきましょう。
JPBAの良いところも悪いところも全て見れます、きっと。

  「ゴールデンボウル」の予告編でパーカーは左で投げてたなぁ。

 今日の一言 「どんなことからも学ぼう」

・2002年6月21日(金)
 ボウリングマガジンのバックナンバーを見ていたら、こんな記述があった、「アメリカのボウリングセンターは禁煙なので...」。そこにはセンターの外で喫煙するボウラーの姿があった。同じような光景を大きな病院で見ることが出来る。全面禁煙の病院の出入口の脇で喫煙する患者や職員。
 喫煙はあなたの健康を損ねるだけではなく、あなたの周りの人に多大な迷惑をかけます。喫煙は習慣性の病気と認識して、少なくとも公共の場所と、子供たちの前では止めましょう。因果応報、必ずあなたに災いが起きます。

 今日の一言 「吸えば自殺、吐けば殺人」

・2002年6月20日(木)
 6月22日(土)はボウリングの日で、各センターは安くボウリングが出来る。当然混むし、日頃来ない人も多数来場する。だから、日頃通っているボウラーは、「混んでる」、「マナー知らずが来る」、「ヘタクソばかりで鬱陶しい」などの理由で足が遠のく。
 それだからこそ、スポーツボウラーはセンターに行くべきだ。ボウリングの啓蒙活動として、ボウリングの素晴らしさ、楽しさをみんなに伝えよう。あなたの姿が、ハウスボウラーを動かしてマイボウラーにすることが出来たら、どんなに幸せなことか考えてみて欲しい。黙って背中で語ってきてください。

 今日の一言 「ボウリングの日にセンターへ行く」

・2002年6月19日(水)
 サッカーに押され気味のプロ野球だが、桑田が代打に出てきたのには驚いた。原監督はプロになっても高校野球しているんだ、とわかった。分業化が当たり前になった今のプロ野球にはない楽しさだった。あの場面で打者桑田はワクワクしていたことだろう。ベテランが高校球児に戻った瞬間だ。誰だ原監督をつまらない奴と決めつけたのは。長嶋を超える破天荒さじゃないか。阪神も楽しみだが、巨人はもっと楽しい。河原もニクイ演出だよ(本人は否定するだろうけど)。

 今日の一言 「エースで4番をプロでも見たい」

・2002年6月18日(火)
 サッカーで韓国が勝ち、日本は負けた。この世界ではホームが絶対有利。そこで負けたのだから、日本が負けたことを悔やむ必要は何も無い。韓国は全国民がイタリアと戦った。それにしても応援のパワーは凄い。選手は応援から無尽蔵のパワーを受取っていた。選手も観客も純粋だ。日本はかしこまっていたね。一度や二度の失敗なんて大成功のための助走にすぎないのに、少しだけ弱気が出たようでした。
「炎のストッパー」津田恒美は言いました。「最大の敵は弱気のムシたい」

 今日の一言 「応援で無尽蔵のパワーをあげよう」

・2002年6月17日(月)
  凹んだ。子供の寝顔で救われた。

 今日の一言 「子供から根性を教わる」

・2002年6月16日(日)

 上の子の幼稚園に行ってきた(年子だ!)。リレーしたり、体操したり、帰りに大きなプール出して、流しソーメン用の竹を作って終了。正直疲れました。子供はというと、ケロッとして午後からも外で遊んでました、とても元気だ!夕方、子供と近くのおもちゃ屋さんでボウリングのゲームをした。上の子207、下の子197。
 親父は昼寝をした上に、9時には寝るのでしょう。疲れたけれど、楽しい週末でした。

 今日の一言 「子供の元気には、かなわない」

・2002年6月15日(土)

 下の子の幼稚園に行ってきた。父の日の参観だ。やんちゃで、どうしようもないと思っていたのに、随分成長したものだと少し感動。
 午後から前の現場の近隣さん宅を訪問、帰り道に戸塚ボウリングセンターへ寄る。5G程軽く練習。200アップ3Gのあとバテバテ。「グッドボウラー、グッドボウラー....。」と呟きながら、ブライアン・ボスになりきるイメージトレーニングだったが、最後は数年前のジャパンカップ前夜祭にてベロベロだったボスの雰囲気になってしまった。手遅れのイメージと筋力トレのおかげで、13ポンドのボールではPBAのような生命力のあるボールを投球できる。あとはいかにボールの重量を上げることが出来るかだろう。筋力トレーニングにも力が入るというものだ。
 コンピューターが無く、レトロな雰囲気のこのセンターには、西城プロのショップがある。ゲームコーナーを潰して0番レーンを設置し、そこをショップのレーンにしたら売上上がるだろうになーとか考えながら店内を覗くと小川プロがスパーッっと喫煙中!小川プロ、たとえショップの中でも喫煙はやめましょうね。人に見られて隠すくらいなら、なお止めましょう。以前の「フレッド-」で、セルシーの予選のときの小川Pの喫煙について書いたとき、過去最高の反響があった。「お前を殺してやる!」というのもあったものだ。それくらいファンがいるんですから、公の場ではイメージを大事にしましょう。

 今日の一言 「真のプロボウラーは、喫煙しない」

・2002年6月14日(金)

誕生日である。37歳になった。自分の将来を考える。今の自分は、自分がなりたかった自分だろうか?これからの自分は?同じ職場に50台半ばの上司がいる。この人は、傍若無人、公衆マナーが悪い、病気もち、バッドスモーカー、仕事場で飲酒するなど最悪を絵に書いたような人だ。彼を見ていると、彼のような人間にはなりたくないと、痛切に思う。でも、自分も15年程で彼のような歳になる。そのとき35歳の目で見た自分はどのような人間になっているだろうか?
 誕生日、父の日と最高の週末が待っている(はず?)。

 今日の一言 「人生は長く短い」

・2002年6月13日(木)

体力レベルが落ちている。じゃあ上げればいいだけなので、体力の上限を上げるためのトレーニングを行おうと決心した。インターネットで調べれば、出てくる出てくる。小山さん、手塚さん、立花さん、山崎さんなどなど...。そんな中で私は、デジタルストレングストレーニングを採用しようと考えている。
ある部位をトレーニングするのは1週間に1回、というのにひかれた。裏返せば、それだけ密度が濃いのかもしれないが、時間の無い自分には最適!負けてたまるか!(誰に?)

 今日の一言 「人生楽ありゃ苦もあるさ」

・2002年6月12日(水)

体力のレベルが落ちている。痩せようというのではなくて、体調が良くない。最近通勤時間が朝2時間、帰り2時間半の職場に移った。朝は5時起き、夜は12時から1時就寝の毎日が続いている。
  5月の連休の前後に、10日以上の連続休暇が取れたときには、すこぶる快調だった。そのときの体力レベルが100とすると、今は40から50の間くらいの感じだ。
  ボウリングのために、階段は2段おきに深くひざを曲げながら上がり、電車では座らないなどの工夫をしていたけれど、今はしんどくてエスカレーターを使い、空いた席を探す毎日だ。情けないね、明後日37歳の誕生日。

 今日の一言 「自分のレベルをフルレンジで発揮しよう」

・2002年6月11日(火)

FIFAのサッカー大会でフランスが負けた。1勝はおろか1点も取ることが出来なかった。ジダンはたった一人なのに、全てジダンのせいにされているのは気の毒だ。

 今日の一言 「チームは力、チームは混乱」 

・2002年6月10日(月)

パーカー・ボーンⅢが「ゴールデンボウル」に出るんだってさ、地上げ屋の刺客として、しかも右投げとか!?

 今日の一言 「パーカーは右でも凄い!」

←パーカー・ボーンⅢさん

 ・2002年6月9日(日)

サッカーのワールドカップで日本が勝った。正直言って、興味ないな。たかだかサッカーの試合の結果に一喜一憂し、人が怪我したり、殺されたり。「国際社会なら、サッカーは国と国との戦争だ。」などどほざく訳知り顔のオタンコナスよ、戦争の意味を辞書で調べてみなさいって。全世界的商業戦略にノーガードではまってさ、この大会のあとに何が残るんだい?選手も国民も気の毒でならないよ。結局「世の中全ては金です」って言ってるだけジャン。全ての人に公平なら、スタンドにキムタクや清原は居ないわけなんだからさ(だから共産主義が素晴らしいなんて言ってないよ)。三菱ダイヤモンドサッカーの時代の努力は、踏みにじられたね、情けないけどさ。そうそう、マラドーナなんか入国させるなよ、○○!F○F○なんてク○バレ!
 
ボウリングにもワールドカップがあるんですよ、知ってました?日本でやったときですら決勝を1時間中継しただけですから、知る人は少ないですよね。日本人が優勝したときも新聞でベタ記事でした。優勝したのは誰って?自分で調べろ!

 今日の一言 「ワールドカップはサッカーだけじゃない」


(註:ここから別のコーナー)

・プロってすごい!

 ボウリング好きの皆さん、プロボウラーの投げるところを見たことがありますか?特に男子のトップクラスやPBAの選手が投げる姿をはじめて見たときの衝撃は、いつまでも心に深く刻まれています。私が子供なら、「将来はこうなりたい!」と強く誓ったことでしょう。でも私はそのとき30歳。なかなかねえ....。

 プロと私の違いを考えてみました。
1.スピード:ただ単に速いだけではなく、小柄なプロのボールでも力感がある。
2.コントロール:正確性が高い。
3.再現性:継続性というか、同じことが何度でも出来る。

センターによっては、定期的にプロが参加するオープントーナメントやリーグがあるので、参加したり、見に行かれたりしては如何ですか?きっと何かを感じることが出来るでしょう。良いところも悪いところも見るのが勉強です。

・プロになるには?

 プロボウリングの団体は、日本ではJPBA(男女)、アメリカではPBA(男子)、PWBA(女子)があります。どうすれば、プロボウラーになれるのでしょうか?

 JPBAのプロテストは、第1次テスト第2次テスト計120ゲーム投げて、 男子は195、女子は185のアベレージを出したうえに筆記テストや面接まである。それなのに、PBAには勝てないし、魅力が乏しいし、テレビじゃ見れないし、ブツブツ...。

 プロになる方法はこちらに詳しく出ています(私の説明の100倍親切)。

 JPBAのバッジをつけているプロは、尊敬に値するのはわかる。それだけプロボウラーになるのは難しい。でも、プロボウラーにはなれそうも無い。なりたい、なれない、なりたい、なればいいじゃん!どうやって?

・手っ取り早くプロボウラーになる方法

  これは非常に簡単。「俺はプロボウラーだ」と宣言すればいいのだ。別にJPBAが認めてくれなくても、プロボウラーを名乗ればいいのだ。そこで色々なプロボウリングの団体を探すのも面倒くさいので、自分でプロボウリングの団体をつくることに決めた(オイオイ正気か?お前は)。決めたら行動あるのみ!

新団体構成(草案)

・名称 FPBA (Fred professional bowlers association フレッドプロボウラー連盟)
・設立趣旨
     1.プロボウラーを名乗りたい全世界のボウラーにライセンスを発行する。
     2.PBAに勝るボウラーを育成する。(付け足し)

まるでサムライ商法(資格をエサにする悪徳商法)じゃないか?、まあいい、自分のためだから実害は無いだろう(これが30男の発言か?)。

 ワッペンのデザインまで作ってしまった。年度を入れたのは、毎年更新して更新料で稼ごうとする姑息な手法?です。なかなか良いものだ。

←これが原案だ!

いずれJPBAを吸収するつもり、と言っておこう(藤田ミノル並みの大馬鹿発言!)。

なお、入会希望者はメールしてきてください。この先どうなるかは、随時掲載!

FPBAはくれぐれも「福島ポケットビリヤード連盟」ではないのでご注意!!

(註:また別の話題、オイオイ)

ボウリングセンターフレッド

1.会員制ボウリングセンター

  ボウリングセンターの経営が夢です。そして、それはあまり例が無い会員制のボウリングセンターにしたいと考えております。会員制のメリット、デメリットは以下の通りです。

 1)会員制のメリット
  ・会員資格の設定で、ボウリングセンターの顧客を差別化できる。
    ここでの「差別化」は、よりスポーツ色を強くしたいという意味です。
  ・会員の会費と利用料が収入元になるので、営業努力が継続される。
 嫌な会員はすぐやめていくので、経営に緊張感がある。
  ・会員制による一体感にて、社会還元などの活動がしやすい。
    一回限りではなく継続した社会還元活動がしやすい。
 2)会員制のデメリット
  ・閉鎖的なイメージがある。
    趣旨に賛同すれば入会できる、敷居の低さで対応したい。
 
  私が考えるボウリングセンターのイメージは、下記のようなものです。

(仮想練習日誌)

・200×年○月△日

  今日はボウリングセンターフレッドで練習の日。3日前にiモードで2時間予約してあるので、今日は集中して練習するつもりだ。今日の課題は前回タイミングが狂っていたのでその修整が必要かどうかの確認と、前回の月例で10ピンがカバーできずにアベレージが下がったのでその練習だ。

  センターでチェックしてウォーミングアップ。鏡の前でストレッチしてるとセンターのインストラクターがやってきた。今日はタイミングを見てもらうつもり。トーナメントに出場するくらいの腕前のプロだが、気さくで勉強熱心。最近インストラクターの仕事のほうが楽しいと笑う好青年だ。

  タイミングの確認は、5面ビデオカメラ撮影が可能な1番レーンで行った。このレーンは、前後左右と上部からフォームの撮影が出来る優れものだ。右の腰にセンサーをつけて投げると、動きに合わせてカメラが動く。自分でビデオ撮影するより安くわかり易い映像を見ることが出来る。帰りに持参したMOに入れてもらう。良いときのフォームと見比べると悪いところが良くわかる。

  次は10ピンをカバーする練習。4番レーンに移動して、手元のピンセッター端末で10ピンだけをセット。さすがに同じ動作だけ繰り返せば10回中9回はカバーできるようになった。次にゲームモードで、1投目に何本倒しても(ストライクでも)指定した10ピンだけが2投目にセットされるという練習。ゲームの流れの中で確実に倒すのが課題だ。

  今日はプロのシード選手○○さんが練習していた。ドリル専用の01、02番レーンでボールをとっかえひっかえ試し投げしていた。ボックスの後ろのドリル室ではドリラーの○○さんがモニターを覗きながら(ボールの軌跡が見られる最新型)次々とドリルを行っている。二つのレーンは素人目にもオイルパターンが異なっているようだ。ジュニアの時からここで練習している○○さんがジャパンカップに勝つ日も近い。

  このセンターの凄いところは、会員制で予約制なので待つことなく、思い切り練習できるところだ。センターのスタッフも気さくでテキパキしている。そして何より凄いのは、PBAの選手だろうがジュニアだろうが、接客態度に差が無いということだ。

  前日までに予約すれば(2時間以上のレーン予約に限るが)、オイルのパターンもリクエストできる。また常時4パターンのレーンコンディションをローテーションしているレーンもあって、課題をもった練習が可能だ。

  このセンターの月例は物凄い。プロを含めて地域の名手はほとんどが参加している。競技会コンディションで行われる月例は、一般の人にも開放されている。月例を見て入会する人も多いようだ。競技中は真剣なプロたちが、競技終了時に見せる笑顔が印象的だ。

  決して豪華ではないが、清潔で簡素な、たった10レーンのこのセンターのメンバーになったことに心底満足している。そうそう、明日はボランティアでジュニアのボウリング教室のお手伝いだ。私たちの思想は、彼たちに受け継がれていくことだろう。

....なんてね。(チャンチャン!)


「この話は、”夢”ではなく”予定”です」


2.ジュニアを育てる

  自分が親になって、初めて子供の素晴らしさがわかった。子供の無限の可能性、失敗を恐れず、貪欲に飛び込んでくる積極性、明るさ、どれをとっても大人が忘れてしまった宝だと思う。

  何もボウリングの一流選手を育て上げるなどという話ではなくて、ボウリングを手段として子供が人生の局面の自分で色々な場面で考え、対処し、行動するトレーニングを行えたら、どんなにか素晴らしいことでしょう。野球でも、ゴルフでも何でもいいが、チームという組織の中で人間関係を高めれればなお良いと思う。

大人には責任がある。時代を担う子供たちを立派に一人前になるよう手助けし、人類の繁栄を後世に伝える責任がある。自分だけがよければ、後は任せたなどという考えではいけない。目的実現のための自己犠牲、バントの思想である。

皆さんは、どのように考えていらっしゃいますか?


(キーワード)
・ボウラーの底上げ
・地域への貢献
・次代への責任
・ボウリングセンターへの道

----(以上オッサンの妄想!?でした)----

最後まで読まれた方、お疲れ様でした。
昨日のアクセス、いつもの3倍位なのは何故!????
スポンサーサイト

テーマ:ボウリング - ジャンル:スポーツ

ボウリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ウチの会社の若者へ | HOME | 病気発症!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。